イベント情報


早桜会行事カレンダー







2018/11/17 第30回早桜会懇話会の報告

2019/02/08 20:51 に 早桜会事務局 が投稿

第30回早桜会懇話会を11月17日(土)、神戸大学理学研究科化学専攻の見学ツアーという形で開催いたしました。講師には神戸大学大学院理学研究科教授の和田昭英氏にお願いいたしました。

 和田研究室では、超短パルスレーザーを用いて分子の励起状態を観測し、化学反応の状態理解を中心とした研究を行っています。今回ご紹介いただいたのは、フェムト秒(1000兆分の1秒)の光パルスを与えることで、素反応レベルで反応を制御し、目的反応をより選択的に進めるための観測・制御を行う新しい光化学に関するご研究です。

 和田研究室では学生自らが観測装置を組み立てており、実際の装置を見学させていただきました。レンズ・レーザー等が複雑に入り組んだ職人技に、参加者一同、興味津々で予定時間をおすなど質問が絶えませんでした。

 続いて、分子の励起状態について研究されている各先生方にご協力いただき、分子フォトサイエンス研究センター准教授(理学研究科化学専攻兼担)の笠原先生、分子フォトサイエンス研究センター教授(理学研究科化学専攻兼担)の小堀先生にご研究内容をご紹介頂きました。笠原研究室では、高分解能のレーザー光を作り出すため、部屋一室をレーザー発生室とし、穴を開けた壁からレーザーを照射して別室で測定するなど、大掛かりな測定をしながら励起状態の分子を観測することで、分子構造の決定をしておられます。小堀研究室では、反応の初期状態の観測を中心にご研究されており、今回は光合成の初期状態を世界で初めて観測した内容をご紹介いただきました。

 最後に化学専攻准教授の高橋先生より、XRD測定による分子構造解析についてご紹介いただきました。サンプルを測定するだけで、分子構造を自動で解析してくれるという目から鱗の高度な技術でありました。

 見学の途中では、大学構内から神戸市内を見渡せる場所へ寄り道をするなど、外部会場ならではの雰囲気を感じることが出来ました。

 今回の懇話会では約2時間半のスケジュールで進み、量子力学の奥深さを感じつつも、非常に高度な内容が盛りだくさんで、多くの刺激を受ける1日となりました。

 見学会終了後は、JR六甲道駅付近での懇親会に移りました。今回は忘年会もかねて開催し、大変賑やかな会となりました。

(文責 桜井)

出席者

津田實(新7回)、井上征四郎(新12回)、前田泰昭(新14回)、田中航次(新17回)、市橋宏(新17回)、和田昭英(新34回)脇田克也(新36回)、中野哲也(新37回)、數田昭典(新51回)、澤村健一(新53回)、陳鴻(新59回)、桜井沙織(新64回)

2018/2/3  第28回(今年度第3回目)早桜会講演会(報告)

2018/04/14 20:53 に 早桜会事務局 が投稿

日時平成30年2月3日(土) 15時~17時
場所中央電気倶楽部(大阪・堂島浜)  210号室
 http://www.chuodenki-club.or.jp/
演者櫻井秀彦氏 (新35回 酒井研) 東洋紡株式会社
 演題正浸透(FO)膜とその応用
内容

正浸透(FO)は、浸透圧差を駆動力とした膜システムで、海水淡水化、発電、排水処理などへの応用が期待されている技術です。
今回は、FO膜とそれを用いたアプリケーションを紹介されました。





<ご講演の様子写真>

*詳細は添付のご講演資料をご参照ください

2017/9/9 第9回早桜会講演会(報告)

2017/09/16 17:42 に 早桜会事務局 が投稿   [ 2017/09/16 17:45 に更新しました ]

第9回早桜会講演会は9月9日(土)、講師に岐阜大学名誉教授 木内一壽先生をお迎えし、開催いたしました。木内先生は平田研究室にて「活性汚泥法による廃水処理」についてご研究される中で、酵素を中心とする生化学の研究に進まれたのち、神経化学分野で長年に渡りご研究をされています。今回は、“ヒト脳の特性”と題し、神経細胞や脳に関する基本的な知識から、脳機能の解明に至るまで幅広くご講演いただきました。

 皆さまは脳の存在を意識して過ごされていますか?日本人にとって脳を身近に感じる機会は滅多にありませんが、アメリカではなんと小学校教育の中で、神経信号の伝搬の仕方や、前頭葉の機能など“brain power 脳力”に関する授業が行われているそうです。

 人間は他の動物よりも脳が非常に発達していますが、チンパンジーと我々ホモ・サピエンスの遺伝子はわずか1.23%しか変わらないと言われています。霊長類の進化とともに、脳は非常に大きく進化し、20万年前からホモ・サピエンスは約1350mLサイズの脳を持っていると解説いただきました。

 ではヒトの脳はなぜここまで成長しているか、それは他の動物よりも未熟な状態で生まれてくるからこそ、学習することで脳を鍛え、成長できるのだそうです。人間の脳は遺伝子の影響50%、外部環境の影響50%で決まり、脳のネットワーク形成が人類の進化の始まりにつながっていると解説いただきました。さらに大脳皮質前頭葉の働きが人間の脳の発達につながっていると述べられました。

 最後に、脳神経細胞に関する最新の研究動向もご紹介いただきました。MRIによる脳の位置ごとの機能の解明、脳内の信号のやりとりの可視化など大変刺激的な内容でした。

 “研究は気力、体力、知力だ”という木内先生の研究スタイルを象徴するような大変広く深い内容で、質疑の時間が予定をオーバーするなど参加者一同、探究心を刺激されるご講演でした。

 講演終了後は、集合写真を撮り、特別食堂での懇親会に移りました。初めてご参加の方、お久しぶりの方のスピーチを挟み、大変賑やかな会となりました。筋肉と同じように脳も鍛え続けるべし、との木内先生のお言葉を持ち、大盛況の中閉会いたしました。

(文責 桜井)

 

 

出席者:

木内一壽(新24回)、津田實(新7回)、井上征四郎(新12回)、市橋宏(新17回)、田中航次(新17回)、岡野泰則(新33回)、和田昭英(新34回)、原敬(新36回)、中野哲也(新37回)、柘植知彦(新41回)、髙島圭介(新48回)、數田昭典(新51回)、陳鴻(新59回)、桜井沙織(新64回)、御手洗健太(新65回)



岡野支部長による講演者紹介

木内先生ご講演風景-1

木内先生ご講演風景-2

参加者集合写真

第26回(2017年年度1回目)早桜会懇話会

2017/06/19 17:44 に 早桜会事務局 が投稿   [ 2017/06/28 4:08 に更新しました ]

員各位
 
第26回(今年度第1回)懇話を下記要領で開催します。
ぜひ皆さま奮ってご参加ください。
気軽なですので、初めての方もぜひ参加をお待ちしています。
懇話修了後、簡単な懇親を予定しています。
ご参加の方は、下記事務局へメール下さい。
参加申込み先(事務局:田中航次):kouji_t@mwd.biglobe.ne.jp
 
日時        2017年6月24日(土) 15:00~17:00
場所        中央電気倶楽部 210号室 (大阪堂島浜)
 
演者        陳 鴻 (新59回 平沢研) 
           オージー(株)
 
演題・内容    台湾海峡西岸経済区
           「台湾海峡西岸経済区」は主体地位を有する福建省、
           そして周辺の広東、浙江、江西3省の一部から構成され、
           約6,500万人の人口がある地域です。海峡西岸経済区
           の東は台湾地区と海で隔てて、北は長江デルタ、南は
           珠江デルタに隣接し、中国沿海の経済帯を構成する重要
           な部分です。
           懇話では、当地域の歴史、経済状況、中国国家戦略
           推進等について話したいと思います。
 
岡野泰則
市橋宏
田中航次

【第26回早桜会懇話会(今年度第1回)の開催報告】

26回懇話会を、624日(土)15時~17時、中央電気倶楽部(大阪堂島浜)で開催しました。

今回の講師は、株式会社オー・ジー(新59回平沢研)の陳鴻氏で「台湾海峡西岸経済区」(以下海西経済区)と題して、急速に経済発展を遂げている該地区の様子について、その地理的、歴史的な観点も取り入れて解説されました。

海西経済区は主体地位を有する福建省と周辺の広東、浙江、江西3省の一部から構成されており、その人口は約6,500万人で、東は台湾と海を隔てて向き合っていて、北は長江デルタ、南は珠江デルタに隣接している。中国沿海の経済帯を構成する重要な地域であるとともに、科挙の制度があった時代には最も多くの進士を産み、現代では、学者、専門家を輩出する教育レベルの高い地域である。また客家人、華僑の故郷で億万長者が多く商売に長けた人の多い地域でもある。

かつては経済的に遅れていたが、台湾と向き合う地域で戦略的にも重要視されて20095月に中国国家レベルの事業として戦略的に経済を発展させる決定がなされました。その狙いは 「海西経済区」の開発を加速させて、珠江デルタ、長江デルタと一体化し、太平洋西岸最大経済地帯を形成させることにある。発展は驚くほど急速で、決定から10年足らずで既に長江デルタ、珠江デルタと台湾海峡西岸地域を結ぶ高速鉄道、高速道路を完成させ、主体の福建省の2016年のGDPは、2009年より倍増、人当たりGDPは1万ドルを突破している。

講師の陳鴻氏は海西経済区の中心部に位置する福州の出身で、豊富な経験に裏付けられた語りに引き込まれました。ことに「華僑が成功している要因として、ネットワークの活用と共に、功夫茶と言って商売を焦らずお茶を飲みながらゆっくり話し、情報交換して新しい商機につなげるのが彼らのスタイルである」との言葉が印象に残りました。

講演の後は、今年卒業して関西に着任した4名の新人の歓迎会を兼ねて、いつもの居酒屋で懇親を深めました。(文責 市橋 宏)

出席者
津田實(新7回)、前田泰昭(新14回)、市橋宏(新17回)、岡野泰則(新33回)、斉藤幸一(新33回)、斉藤広美(新35回)、脇田克也(新36回)、中野哲也(新37回)、髙島圭介(新48回)、澤村健一(新53回)、陳鴻(59)、桜井沙織(新64回)、前田駿(新65回)、御手洗健太(新65回)、古山大貴(新65回)、前田傑(新65回)

<開催写真・資料報告>





早桜会の第25回(今年度第3回)懇話会のご案内

2017/02/17 17:14 に 早桜会事務局 が投稿

早桜会第25回(今年度第3回)懇話会を下記要領で開催します。まだ参加したことがない方も、奮ってご参加ください。  終了後、簡単な懇親会を予定しています。

日時2017年2月18日(土) 15時~17時
場所中央電気倶楽部(大阪・堂島浜)
 http://www.chuodenki-club.or.jp/
演者中野哲也(新37回 豊倉研)
 三井化学(株)
演題・内容「ポリオレフィン触媒の開発の歴史と現状」

 ポリオレフィンの生産量と性能は、1953年のチーグラー触媒の開発と共に劇的に変わった。  現在は、これまでの汎用性ポリマーから機能性ポリマーへの移行時期を迎えている。

 今回は、触媒開発の経緯を基にポリオレフィンの歴史について講演したい。

ご参加の方は、事務局田中までご連絡ください。
kouji_t@mwd.biglobe.ne.jp

早桜会の第24回(今年度第2回)懇話会の案内

2016/12/09 21:34 に 早桜会事務局 が投稿   [ 2016/12/09 21:38 に更新しました ]

早桜会の第24回(今年度第2回)懇話会を下記要領で開催します。 

気楽な集まりですので、初めての方もぜひご出席ください。

 講演終了後、簡単な懇親会を予定しています。

開催日時016年12月10日(土) 15:00~17:00
開催場所中央電気倶楽部(大阪・堂島浜)
 http://www.chuodenki-club.or.jp/
演者澤村健一(新53回 菊地・松方研)
 イーセップ(株)代表取締役
演題・内容「ものづくりベンチャー企業の創出と産学連携事業の推進」

 活気ある持続可能な社会構築に向け、新事業創出の担い手としてベンチャー企業の創出と成長が期待されている。
 その一方で、担い手となる起業家不足が問題視されており、実例不足により起業に関して不透明な部分が多いのが実情である。
 突破口を見出すため、応用化学の技術を活用し、実際にものづくりベンチャー企業を創業した。創業して3年。
 本発表では、得られた知見を共有し、加速する産学連携事業について紹介する。


参加のご連絡は、早桜会事務局 田中まで
kouji_t@mwd.biglobe.ne.jp

第8回早桜会講演会

2016/09/14 22:25 に 早桜会事務局 が投稿   [ 2016/09/14 22:36 に更新しました ]

講演会

演題 : 固体高分子形燃料電池の話題

講師 : 須藤雅夫先生 (静岡大学名誉教授、公益財団法人天野工業研究所理事)

日時 : 2016917日(土)

                       15:00  17:00 講演会

                       17:00  19:00 懇親会

場所 : 中央電気倶楽部(大阪・堂島浜)

                       大阪市北区堂島浜2-1-25

                       06‐6345‐6351

                       講演会  215号室

                       懇親会  特別食堂

会費 : 講演会 無料

             懇親会 5,000

(ただし、学部卒業後または大学院修了後2年間は、2,000円)

講師ご略歴

1972年城塚研卒(新22回)。工学博士(1978年、早稲田大学)。

静岡大学助手、助教授、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員

などを歴任し、1993年静岡大学教授。2016年より静岡大学名誉教授。

化学工学協会学会賞論文賞、日本海水学会学術賞、電気化学会電解科

学技術委員会工業電解業績賞など受賞。

専門は化学工学、電気化学、バイオメディカル。

1-7 of 7